2018 Instructor Training Course

インストラクターコース概要

1.主 催
backcountry classroom Inc.

2.日 時
2018年2月6日(火)-2月18日(日)
レクチャーセッション:2月6日(火)9:00-2月11日(日)17:00
プラクティスセッション:2月13日(火)9:00-2月18日(日)17:00
※原則9:00-17:00にクラスを行います。終了時間が若干延長することがありまので、余裕を持った計画をお願いします。
※2月12日(月)は完全休養日とします。2月11日(日)、12日(月)は会場に宿泊することができませんので、各自手配してください。

3.場 所
会場:つくば豊里ゆかりの森
宿泊:あかまつ荘
※宿泊は、4〜5人のドミトリータイプです。各部屋にシャワー、トイレ、簡易キッチンがついています。
※最寄り駅はつくばエクスプレス研究学園駅より、タクシーで5分です。
※会場には無料駐車スペースがあります。

4.参加者
最少催行2名

5.講 師
リードインストラクター:岡村泰斗(backcountry classroom Inc.)、アシスタントインストラクター若干名

6.資 格
WMTC WFAアシスタントインストラクター
※資格に関する詳しい情報はインストラクタートレーニングコースを参照してください。

7.参加費:200,000円(公認料、保険料、教材費、指導料、宿泊料(10泊分)等)
※コース中の食事は各自準備してください。周辺には大型ショッピングセンターが多数あります。
※別途野外救急法デジタルハンドブック($20)の購入が必要です。受講にはデジタルハンドブックを保存したスマートホン、もしくはタブレットの持参が必要です。
※通学される方は宿泊料40,000円(4,000円/日)差し引きますが、課題等多いため、茨城県県南、県西地区在住の方以外はできる限り宿泊されることをお勧めいたします。

8.参加条件
1)18才以上
2)WMTCのWFR(スタンダードORハイブリッド)コースを受講している。
3)WMTCのWFA(スタンダードORハイブリッド)コースを、インターンシッップとして指導補助をしたことがある。
4)Wilderness Education Association:WEAのアウトドアエデュケーター以上の資格を保有している。もしくはそれと同等の資質を有する(豊富な野外経験、ハイレベルな野外生活技術、野外リーダーシップ、野外リスクマネジメント、教授法)。

9.振 込:常陽銀行大穂支店(普)1452446カ)バックカントリークラスルーム

10.〆 切:2017年1月19日(金)18:00まで
申込先:info@backcountryclassroom.jpもしくはインターネットより

11.コース概要
生徒が、以下の単元を分担し、ティーチングを行います。
レクチャーセッション(6日間):外傷、環境、疾病のホワイトボードレクチャー及びデジタルレクチャー、ケーススタディ
プラクティカルセッション(6日間):BLS、SOAP、全身所見、バイタルチェック、脊椎評価、SAMスプリント、外傷シミュレーション、フルシミュレーション、疾病シミュレーション

12.持ち物
野外活動に適した服装一式(特に防寒対策は念入りにお願いします)、破ってもよいTシャツ1着(綿可)、長ズボンの下にはく水着もしくはスパッツ、レインコート、運動靴、水筒、タオル、筆記用具

13.留意点
保険に関しまして、全員東京海上日動の国内旅行保険に加入します。死亡後遺症400万円、入院6000円×日数、通院4000円×日数、賠償責任3000万円、捜索150万円、携行品0円です。補償内容が不足する場合、各自の責任で追加して保険に加入してください。

当日お気をつけてご参集ください。新たな日本の野外をリードしていきましょう。