Instructor Course

ミッション

WMTCの使命は、野外救急及び野外リスクマネジメントにおいて、ハイレベルの野外救急コース、コンサルティング、及び書籍・装備を提供することです。

教育法

1)野外救急法のスキルは、すべての野外指導者に必要です。
2)MOIとS/Sxの臨床パターンにより、可能性のある傷病を同定します。
3)単にノウハウを覚えるだけでなく、生理学、解剖学、病理学の理解により包括的に傷病を評価します。
4)ケーススタディ、シミュレーションにより実践的なスキルを身につけます。
5)救急法を理解した野外指導者は、野外経験のない医師よりも、現実的な野外救急法を指導することができます。
6)野外指導者は、野外経験を積み、生理学、解剖学、病理学を多角的に理解することで、多様な生徒に対し、ニーズに応じた指導をすることができます。

契約形態

インストラクターの形態は、コースのタイプ(WFA、WAFA、WFR)ごとに、以下の通りです。
1)アシスタントインストラクター:WMTCコースを修了したもの。リードインストラクターの管理の下、コースを指導することができます。指導料(3万円/日)はライセンス団体から支払われます。
2)リードインストラクター:アシスタントインストラクターとして、WMTCコースを5〜6回指導したもの(回数には個人差があります)。ライセンス団体の主催するコースを独立して指導することができます。指導料(5万円/日)はライセンス団体から支払われます。
3)ライセンスインストラクター:リードインストラクターを最低3年間行い、野外指導に従事しているもの。WMTCコースを独立して開催することができます。ライセンス団体と雇用形態を結ばなければなりません。
4)ライセンス団体:ライセンスインストラクターを雇用し、WMTCのコースを独立して開催できる団体です。WMTCに対し、資格及びコースタイプに応じたロイヤリティーを支払わなければなりません。

参加条件

ITCコースの参加は以下の条件を満たさなければなりません。
1)18才以上
2)WMTCのWFR(スタンダードORハイブリッド)コースを受講している。
3)WMTCのWFA(スタンダードORハイブリッド)コースを、無償のスタッフとして指導補助をしたことがある。
4)Wilderness Education Association:WEAのアウトドアエデュケーター以上の資格を保有している。もしくはそれと同等の資質を有する(ハイレベルな野外経験、野外生活技術、野外リーダーシップ、野外リスクマネジメント、教授法)。

インストラクター条件

1)WMTCと雇用契約を結ばなければなりません。
2)WFR及びCPRの最新の資格を維持しなければなりません。
3)一定日数(日数には個人差があります)/年間の指導経験を原則とします。
4)原則としてすべての教材(ファーストエイドトレーニングキッド最低10セット、SOAPポスター、骨格模型、人体模型、消耗品、野外活動装備等、目安として30〜40万円程度)を準備しなければなりません。ただし、ライセンス団体からレンタルすることも可能です。その場合は直接ライセンス団体とレンタル契約をしてください。
5)最低3千万円の賠償責任保険に加入しなければなりません。またコース中の事故及び訴訟ついては、インストラクターが責任を負わなければなりません。

スクリーンショット 2017-03-07 18.53.20