アナフィラキシー

アナフィラキシーは、傷病者が、食物、薬、タンパク質に事前暴露することにより、マスト細胞と好塩基球がIgE抗体を形成したことにより起こる、不自然な免疫反応である。

一般的なアレルゲンは、ペニシリン、β-ラクタム系抗生物質、ナッツ類、ヒメプノテラ毒(ハチ毒)、貝類である。ただし。IgE が介在しない反応が起こることもある。アナフィラキシー様反応、特発性アナフィラキシーとして知られ、トリガーがマスト細胞と好塩基球に直接作用し、事前暴露を必要としない。IgEが介在しないアナフィラキシーのトリガーは、バイコマイシン、アヘン、アスピリン、NSAID、気温、運動である。傷病歴はトリガーを避けるのに有効であるが、将来の、特に初期反応を予測するまでの信頼性はない。つまり、どのようなMOI でアナフィラキシーが起こるか完全に予測ができない。IgEが介在してもしなくても、アナフィラキシーのS/Sxと処置は同じである。エピネフィリンが、治療の中心であるが、必ずしも成功するとは限らず、死に至る可能性もある。ほとんどのアナフィラキシーは単相性の反応であるが、20-30%は、二相性であり、3-10時間以内に同じS/Sxが発症する可能性がある(リバンウンド反応)。H1およびH2ブロッカー(抗ヒスタミン)と、コルチコステロイドは、二相性反応を防ぐのに役立つが、必ず成功するとは限らない。長時間の避難が必要な場合、経口のプレドニゾンを医師の指示のもと、電話か書面による指示で投与することもある。

評価
・ほとんどのアナフィラキシーの場合、局所の腫れはない。10%以下の頻度で、局所アレルギー反応からアナフィラキシーに進行することがある。
・S/Sxのはじまりは、5-30分以内に起こり、90%以上のS/Sxは、1時間以内に起こる。食物アレルギーは、3-6時間と遅れて起こることがある。
・接触アレルギー(植物アレルギー)でアナフィラキシーが起こることは稀である。
・傷病歴に関わらず、アナフィラキシーの疑いのあるMOIとS/Sxがある場合、その処置をする。
・エピネフィリン投与の遅れによる致命的な結果と、正常な成人と小児にエピネフィリン投与の安全性を考えると、アナフィラキシーの疑いのあるMOIがあり、S/Sxの出ていないも傷病者に対して、エピネフィリンの投与を検討する。可能であれば、事前に医師から処方箋を書面で手に入れる。

S/Sx
・皮膚:じんましん(鼠蹊部、腋窩、脇腹、背中)、赤み、かゆみ、皮下の晴れ(血管浮腫)による気道閉塞。
・呼吸:呼吸困難、喘鳴(ぜいぜいする)、鼻づまり、鼻水、呼吸停止
・消化器:吐き気、嘔吐、下痢、攣り、腹痛
・循環器:脈拍上昇、血圧低下、胸の痛み、心停止
・神経系:頭痛、めまい、失神、死が差し迫った感覚
・その他:金属性の味、失禁

処置
・成人はエピネフィリン0.3ccを、1:1000の筋肉注射で、大腿に投与する。35kg以下の小児には、0.15ccを同様に投与する。エピネフィリンに禁忌(薬に対する体の拒否反応)はない。死亡はエピネフィリンの投与の遅れが原因である。
・もし、5-15分以内で S/Sxがなくならない場合、2度目のエピネフィリンを投与する。
・市販の経口の抗ヒスタミンを与える。市販のジフェンヒドラミンか、医師の処方した抗ヒスタミンも可能。24-72時間投与を続けるか、医師の指示に従う。
・経口のプレドニゾン10-50mgを医師の指示の元与える(一般的には最大2回/日)。プレドニゾンは、アレルギー反応を起こすこともあり、特に小児や10代は副作用がある。これらに耐性がある人が、8時間以上の避難をする時には、より効果的な処置である。
・24-72時間は、中度から重度のアナフィラキシーに備える必要がある。

避難
・もし最初の処置でS/Sxがなくなったら、レベル3の避難を行い、医師の診察を受ける。
・もしS/Sxが解決しないか、リバウンド反応が起これば、レベル1の避難を行う。

アナフィラキシーに関するより詳しい情報はデジタルハンドブックを参照する。自己注射およびエピペンの正しい技術、法的理解、運用方法の解釈のためにはWFA/WFRコースでトレーニングを受けることが必要である。アナフィラキシーの処置はSOAPノートに正しく記録することが必要である。

Author: Paul Nicolazzo/ Translator: Taito Okamura

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *