熱中症

高温状況と、受動的な冷却システムである血管拡張と、能動的な冷却システムである発汗のバランスが取れていれば、体温は正常に維持される。高温状況が、体の冷却システムを超える、もしくは冷却システムが水分の摂取と放出のバランスが崩れ、機能しなくなることにより、体温が40.5℃を超えた状態を熱射病と言う。体温が42℃を越えると、体の酵素反応に必要なタンパク質が変質し、急速にさまざまな器官不全が起こり、死に至る可能性がある。

熱射病には、脱水状態が原因で、体の冷却システムが機能しない熱疲労の処置を失敗するルートと、過度の高温状況や激しい運動により、冷却システムを超えて熱射病になる2つのルートがある。日焼けは、体の冷却システムを奪い、熱疲労を促進する。一方、熱中症の予防のために過剰に水分を摂取すると、体内の電解質濃度が低下し、低ナトリウム症と言う状態になり、深刻な場合は死に至る。高温状況による問題を熱中症という一つの問題と誤解することにより、低ナトリウム症の予防、評価、処置を失敗する。

細胞が正常に機能するためには、電気的化学反応による交信が必要であり、体液に適当な濃度の電解質が溶解していることにより、電気的交信が可能となる。ナトリウムは細胞外液の基本的な電解質であり、カリウムは細胞内液の基本的な電解質であり、これらは汗や尿から排出され、体内の貯蓄に限界があり、経口か点滴で補充する以外にない。高温状況では、順化できていない人は、通常より30-50%多くのナトリウムが損失する。骨格筋の中のナトリウムが低下すると、攣りや痙攣が起こる。脳組織は、ナトリウムを組織内に保存しようとするため、ナトリウム濃度を一定に保つために、能組織内に水が移動する。この結果、脳が腫れを起こし、吐き気、嘔吐、最終的には脳幹の圧迫により死に至る可能性がある。

熱疲労と低ナトリウム症の症状、バイタルに見分けがつかないが、熱疲労の尿は濃く量が少なく、低ナトリウム症の尿は透明で量が多いため、適切な評価と処置をするために、尿の状態を注意深く観察する。さらに、重要なことは、熱中症の予防には、水分だけを与えず、低ナトリウム症の予防のために、必ず電解質も与えることである。

熱中症に関する詳しい情報はデジタルハンドブックを参照する。正確な評価と適切な予防・処置のためにはWFA/WFRコースでトレーニングを受けることが必要である。深刻な熱中症の評価と処置はSOAPノートに正しく記録することが必要である。

Author: Paul Nicolazzo/ Translator: Taito Okamura

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *