リスクマネジメント

SOAPノートは必要か?

SOAPノートは、PASとハンドブックとともに、S/Sxの情報を収集し、それに基づく評価と処置計画を立てることに役立つ。特に、複雑な問題であれば、よく整理されたSOAPノートは適切な評価に効果的である。しかしながら、全ての傷病に、時間のかかるSOAPノートが必要か質問を受けることがある。 問題が重大で、複合的であればSOAPノートは必要である。一方、小さな問題、例えば、靴擦れ、軽度の捻挫、切り傷などで、重大な問題に発展せず、避難の必要性がなければ、必ずしもSOAPノートの価値を活用できない場合もある。しかしながら、小さな問題が将来の大きな問題、例えば虫刺されがアナフィラキシー、頭のちょっとした創が脳震盪、意識のある溺れが肺水腫などに発展するどうかは、誰もわからない。 よって、小さな問題であれば以下の2通りの使い方が可能である。 1.全ての傷病についてSOAPノートを書き上げる。数分で書き上げることができる。最終的に不要になることもあるかもしれないが、あなたを法的に擁護される。また、安全管理上、事故報告をすることはほとんどの団体で必要である。 2.基本的な情報をノートに記録する(名前、S/Sx、問題、処置)。もしS/Sxが悪化し、注意が必要になったらSOAPノートを開始する。 正しくSOAPノートを書くためには、デジタルハンドブックを参照し、WFA/WFRコースに参加してトレーニングを受けることが必要である。 Author: Paul Nicolazzo/ Translator: Taito Okamura

Continue Reading