WFR Course

コース概要

WFRコースは、野外ガイド、遠征のリーダー、野外指導者を対象に計画されています。WFAは、野外教育や野外レクリエーションの業界のスタンダードとなる野外救急法資格です。野外の専門家から、野外遠征に仲間と行く前に知っておきたい内容です。

WFRコースで提供される、数日間の野外遠征に焦点を当てた知識と技術は、野外現場だけでなく、救急救命や二次救命がすぐに行われない、災害、新興国の遠隔地など、救急的な医療現場にも応用できます。コースには、成人と幼児のCPRとAEDも含まれており、Wilderness Medical Society:WMS公認の、Fellow of the Academy of Wildeness Medicine:FAWMの単位を取ることができます。

WMTCは、スタンダードコースと、ハイブリッドコースの2つのタイプのコースを提供する唯一の野外救急法プロバイダーです。そのため、参加者のニーズに合ったコースを選択することができます。また、WFAコースは、WAFA、WFRの更新のためにも用いられます。

スタンダードWFRコース

レクチャー、スキルラボ、シミュレーション、ケーススタディが含まれる、包括的なコースで、すべて実地研修で行う9日間のコースです。このコースは、インストラクターにしっかり教わりたい生徒や、事前学習の時間が十分にない生徒にとって適しています。

スタンダードWFRコースシラバス
スタンダードWFRコーススケジュール

ハイブリッドWFRコース

ハイブリッドWFRコースは、5日間の実地研修に参加する前に、十分な自己学習と、オンラインテストに合格する必要があります。自己学習は、野外救急法デジタルハンドブックや、WMTCのウェブサイトを参考に行います。もし事前学習に十分に時間をとることができ、実地研修に参加する時間がなく、PCの扱いに慣れていれば、ハイブリッドコースがお勧めです。

ハイブリッドコースに登録すると、事前学習とオンラインテスト専用のサイトの情報とパスワードが送られてきます。どのように事前学習とオンラインテストを進めるかよく理解してください。オンラインテストは、すべての単元で80%以上の正解が必要となります。3回まで再テスト可能ですが、3回不合格になると、実地研修を受けることができませんので、十分に注意して、事前学習とオンラインテストを進めてください。
ハイブリッドWFRコース専用サイト
ハイブリッドWFRコースシラバス
ハイブリッドWFRコーススケジュール