ハイブリッドWFA&WFR更新花山コース

スクリーンショット 2020-05-27 20.02.51
1.日 時:2020年8月29日(土)-30日(日)9:00〜18:00
※くりこま高原駅から送迎します。
2.場 所:幼少年キャンプ研究会花山キャンプ場
3.参加者:最大12名/最少催行6名
4.講 師:WMTCインストラクター
5.資 格:WFA/WFR更新
6.参加費:ハイブリッドWFA:25,000円/WEAJ会員22,500円
他のプロバイダーからのWFA/WFRの更新:27,500円/WEAJ会員25,000円
WMTCのWFA/WFRの更新:27,500円/WEAJ会員25,000円
※公認料、保険料、教材費、宿泊費、食費、指導料を含む
※実地コースに参加できない場合にも参加費は発生しますのでご了解ください。
※別途野外救急法デジタルハンドブック($25)の購入が必要です。受講にはデジタルハンドブックを保存したスマートホン、もしくはタブレットの持参が必要です。
7.振 込:常陽銀行 大穂支店(普)1452446 カ)バックカントリークラスルーム
8.〆 切:2020年7月17日(金)
9.申込先:インターネット
10.内 容:コースシラバス
※SOAPノート、脊椎評価、溺れ評価が新しく変わりました。
11:持ち物:野外活動に適した服装一式、破ってもよいTシャツ1着(綿可)、長ズボンの下にはく水着もしくはスパッツ、レインコート、運動靴、水筒、タオル、筆記用具
※1日目に、ケーススタディの宿題を持参してください。
12:留意点:保険に関しまして、全員東京海上日動の国内旅行保険に加入します。死亡後遺症400万円、入院6,000円×日数、通院4,000円×日数、賠償責任3,000万円、捜索150万円、携行品0円です。補償内容が不足する場合、各自の責任で追加して保険に加入してください。

ITCお台場レクチャーセッション春

スクリーンショット 2020-03-20 16.26.18

インストラクターコース概要

申 込

1.主 催:backcountry classroom Inc.

2.日 時:2020年6月17日(水)-18日(木)及び6月22日(月)-25日(木)
※原則9:00-17:00にクラスを行います。終了時間が若干延長することがありまので、余裕を持った計画をお願いします。

3.場 所:お台場the SOHO 会議室(the Canteen 2階)
※ゆりかもめ東京クルーズターミナル駅より徒歩5分。
※遠方よりお越しの方へ:お台場には安価宿泊施設がありません。ゆりかもめのターミナルである新橋か、りんかい線沿線をお勧めします。もしくは大江戸温泉物語(会場より徒歩5分)にて、カプセルホテルタイプの宿泊施設(4200円/泊)があります。温泉付きと通学にかかる時間を考えるとお勧めです。

4.参加者:最少催行2名-最大催行4名
※申し込みが最大催行を超えた場合は、1)WEA資格、2)その他野外活動・指導者資格、3)野外指導歴の基準で決定します。

5.講 師:リードインストラクター:岡村泰斗(backcountry classroom Inc.)

6.資 格:WMTC ITCコースレクチャーセッション修了証(2年間有効)
※資格に関する詳しい情報はインストラクタートレーニングコースを参照してください。
※近々のプラクティカルセクションは2021年2月上旬@つくばで開催されます。

7.参加費:75,000円(会場費、保険料、教材費、指導料)
※コース中の食事は各自準備してください。会場にはレストラン、コンビニ、キッチンカーが隣接しています。

8.奨学制度:参加費無料
※アシスタントインストラクターに合格後、最初のスタンダードWFAコース(3日間/9万円相当)の指導を無償で行います。
※レクチャーセッション修了後、2年以内にアシスタントインストラクターに合格しなかった場合は、参加費を返金しなければなりません。
※奨学制度を利用する方は、別途覚書を提出しなければなりません。
奨学制度申込書

9.参加条件:
1)18才以上
2)WMTCのWFRを維持している。
3)WMTCのWFA(スタンダードORハイブリッド)コースを、指導補助をしたことがある。
4)Wilderness Education Association:WEAのアウトドアエデュケーター以上の資格を保有している。もしくはそれと同等の資質を有する(豊富な野外経験、ハイレベルな野外生活技術、野外リーダーシップ、野外リスクマネジメント、教授法)。

10.振 込:常陽銀行大穂支店(普)1452446 カ)バックカントリークラスルーム

11.〆 切:2020年5月29日(金)まで
申込先:info@backcountryclassroom.jpもしくはインターネットより

12.参加までの流れ
1)メールもしくはインターネットによる申込

2)キャンディデイト契約書の締結

3)参加費の支払いもしくは奨学制度申込

4)キャンディデイト専用ページのログインパスワードの取得

5)コースアサイメントの事前学習及び教材準備

6)コース参加

13.コース概要
以下の12単元×ホワイトボードレクチャーとデジタルレクチャー=24単元を参加者で分担して行います。
候補生は、事前に専用サイトから、ホワイトボードレクチャー及びデジタルレクチャーの雛形をダウンロードすることができます。
外傷(頭部外傷、呼吸不全、ボリュームショック、四肢のケガ)
環境(熱中症、低体温、アナフィラキシ、溺れ)
疾病(脳梗塞、心筋梗塞、喘息、糖尿病)

14.持ち物
活動は、全て室内で行いますが、受講者の習熟度に応じて、屋外で実技を行うこともありますので、野外活動にふさわしい服装をおすすめます。

15.留意点
保険に関しまして、全員東京海上日動の国内旅行保険に加入します。死亡後遺症400万円、入院600円×日数、通院400円×日数、賠償責任3000万円、捜索150万円、携行品0円です。補償内容が不足する場合、各自の責任で追加して保険に加入してください。

当日お気をつけてご参集ください。新たな日本の野外をリードしていきましょう。

ITCお台場レクチャーセクション冬

スクリーンショット 2020-03-20 16.26.37

インストラクターコース概要

申 込

1.主 催:backcountry classroom Inc.

2.日 時:2020年12月7日(月)-12月12日(土)
※原則9:00-18:00にクラスを行います。終了時間が若干延長することがありまので、余裕を持った計画をお願いします。

3.場 所:お台場the SOHO 会議室(the Canteen 2階)
※ゆりかもめ東京クルーズターミナル駅より徒歩5分。
※遠方よりお越しの方へ:お台場には安価宿泊施設がありません。ゆりかもめのターミナルである新橋か、りんかい線沿線をお勧めします。もしくは大江戸温泉物語(会場より徒歩5分)にて、カプセルホテルタイプの宿泊施設(4200円/泊)があります。温泉付きと通学にかかる時間を考えるとお勧めです。

4.参加者:最少催行2名-最大催行4名
※申し込みが最大催行を超えた場合は、1)WEA資格、2)その他野外活動・指導者資格、3)野外指導歴の基準で決定します。

5.講 師:リードインストラクター:岡村泰斗(backcountry classroom Inc.)

6.資 格:WMTC ITCコースレクチャーセッション修了証(2年間有効)
※資格に関する詳しい情報はインストラクタートレーニングコースを参照してください。
※近々のプラクティカルセクションは2021年2月16-22日@つくばで開催されます。

7.参加費:75,000円(会場費、保険料、教材費、指導料)
※コース中の食事は各自準備してください。会場にはレストラン、コンビニ、キッチンカーが隣接しています。

8.奨学制度:参加費無料
※アシスタントインストラクターに合格後、最初のスタンダードWFAコース(3日間/9万円相当)の指導を無償で行います。
※レクチャーセッション修了後、2年以内にアシスタントインストラクターに合格しなかった場合は、参加費を返金しなければなりません。
※奨学制度を利用する方は、別途覚書を提出しなければなりません。

9.参加条件:
1)18才以上
2)WMTCのWFRを維持している。
3)WMTCのWFA(スタンダードORハイブリッド)コースを、指導補助をしたことがある。
4)Wilderness Education Association:WEAのアウトドアエデュケーター以上の資格を保有している。もしくはそれと同等の資質を有する(豊富な野外経験、ハイレベルな野外生活技術、野外リーダーシップ、野外リスクマネジメント、教授法)。

10.振 込:常陽銀行大穂支店(普)1452446 カ)バックカントリークラスルーム

11.〆 切:2020年11月21日(日)まで
申込先:info@backcountryclassroom.jpもしくはインターネットより

12.コース概要
以下の12単元×ホワイトボードレクチャーとデジタルレクチャー=24単元を参加者で分担して行います。
候補生は、事前に専用サイトから、ホワイトボードレクチャー及びデジタルレクチャーの雛形をダウンロードすることができます。
外傷(頭部外傷、呼吸不全、ボリュームショック、四肢のケガ)
環境(熱中症、低体温、アナフィラキシ、溺れ)
疾病(脳梗塞、心筋梗塞、喘息、糖尿病)

13.持ち物
活動は、全て室内で行いますが、受講者の習熟度に応じて、屋外で実技を行うこともありますので、野外活動にふさわしい服装をおすすめます。

14.留意点
保険に関しまして、全員東京海上日動の国内旅行保険に加入します。死亡後遺症400万円、入院600円×日数、通院400円×日数、賠償責任3000万円、捜索150万円、携行品0円です。補償内容が不足する場合、各自の責任で追加して保険に加入してください。

当日お気をつけてご参集ください。新たな日本の野外をリードしていきましょう。

スタンダードWFAくりこまコース

スクリーンショット 2019-07-11 12.58.08

1.日 時:2019年11月9日(土)-11日(月)9:00〜18:00
2.場 所:くりこま高原自然学
3.参加者:最大18名/最少催行6名
4.講 師:WMTCインストラクター
5.資 格:WFA/WFA更新/WFR更新
6.参加費:
ハイブリッドWFA:40,000円/WEAJ会員35,000円
他のプロバイダーからのWFA/WFRの更新:40,000円/WEAJ会員35,000円
WMTCのWFA/WFRの更新:35,000円/WEAJ会員30,000円
※含む公認料、保険料、教材費、宿泊費、食費、指導料等
※通学の場合、10,000円割り引きますが、課題も多いためできる限り宿泊をお勧めします。
※別途野外救急法デジタルハンドブック($25)の購入が必要です。受講にはデジタルハンドブックを保存したスマートホン、もしくはタブレットの持参が必要です。
7.振 込:常陽銀行 大穂支店(普)1452446 カ)バックカントリークラスルーム
8.〆 切:2019年11月4日(月)
9.申込先:インターネット
10.内 容:コースシラバス
11:持ち物:野外活動に適した服装一式、破ってもよいTシャツ1着(綿可)、長ズボンの下にはく水着もしくはスパッツ、レインコート、運動靴、水筒、タオル、筆記用具
12:留意点:保険に関しまして、全員東京海上日動の国内旅行保険に加入します。死亡後遺症400万円、入院6,000円×日数、通院4,000円×日数、賠償責任3,000万円、捜索150万円、携行品0円です。補償内容が不足する場合、各自の責任で追加して保険に加入してください。

2019スタンダードWFA榛名コース

スクリーンショット 2019-07-11 13.07.36

1.日 時:2019年9月14日(土)-16日(月)9:00〜18:00
2.場 所:榛名湖オートキャンプ場
3.参加者:最大18名/最少催行6名
4.講 師:WMTCインストラクター
5.資 格:WFA/WFA更新/WFR更新
6.参加費:
スタンダードWFA:35,000円/WEAJ会員30,000円
他のプロバイダーからのWFA/WFRの更新:35,000円/WEAJ会員30,000円
WMTCのWFA/WFRの更新:30,000円/WEAJ会員25,000円
※含む公認料、保険料、教材費、宿泊費(テント)、食費、指導料等
※通学の場合、5,000円割り引きますが、課題も多いためできる限り宿泊をお勧めします。
※別途野外救急法デジタルハンドブック($25)の購入が必要です。受講にはデジタルハンドブックを保存したスマートホン、もしくはタブレットの持参が必要です。
※キャビン泊を希望される方は、別途2,000円/泊が必要です。
7.振 込:常陽銀行 大穂支店(普)1452446 カ)バックカントリークラスルーム
8.〆 切:2019年9月12日(木)
9.申込先:インターネット
10.内 容:コースシラバス
11:持ち物:野外活動に適した服装一式、破ってもよいTシャツ1着(綿可)、長ズボンの下にはく水着もしくはスパッツ、レインコート、運動靴、水筒、タオル、筆記用具、防寒着、寝袋、スリーピングマット、食器、カトラリー
12:留意点:保険に関しまして、全員東京海上日動の国内旅行保険に加入します。死亡後遺症400万円、入院6,000円×日数、通院4,000円×日数、賠償責任3,000万円、捜索150万円、携行品0円です。補償内容が不足する場合、各自の責任で追加して保険に加入してください。

2020インストラクタートレーニングコース

インストラクターコース概要

申 込

1.主 催
backcountry classroom Inc.

2.日 時
2020年2月4日(火)-2月16日(日)
レクチャーセッション:2月4日(火)9:00-2月9日(日)17:00
プラクティスセッション:2月11日(火)9:00-2月16日(日)17:00
※原則8:30-17:00にクラスを行います。終了時間が若干延長することがありまので、余裕を持った計画をお願いします。
※2月10日(月)は完全休養日とします。2月9日(日)、10日(月)は会場に宿泊することができませんので、各自手配してください。

3.場 所
会場:つくば市豊里ゆかりの森宿舎あかまつ荘
※宿泊は、5人のドミトリータイプです。各部屋にシャワー、トイレ、簡易キッチンがついています。
※つくばエクスプレス研究学園駅より、タクシー5分。
※会場には無料駐車スペースがあります。

4.参加者
最少催行2名-最大催行3名
※毎年最大催行3名と少数集中型のコースとなります。申し込みが最大催行を超えた場合は、1)WEA資格、2)その他野外活動・指導者資格、3)野外指導歴の基準で決定します。

5.講 師
リードインストラクター:岡村泰斗(backcountry classroom Inc.)、アシスタントインストラクター若干名

6.資 格
WMTC WFAアシスタントインストラクター
※資格に関する詳しい情報はインストラクタートレーニングコースを参照してください。

7.参加費:220,000円(公認料、保険料、教材費、指導料、宿泊料(10泊分)等)
※コース中の食事は各自準備してください。周辺には大型ショッピングセンターが多数あります。
※別途野外救急法デジタルハンドブック($25)の購入が必要です。受講にはデジタルハンドブックを保存したスマートホン、もしくはタブレットの持参が必要です。
※通学される方は宿泊料40,000円(4,000円/日)差し引きますが、課題等多いため、茨城県県南、県西地区在住の方以外はできる限り宿泊されることをお勧めいたします。

8.参加条件
1)18才以上
2)WMTCのWFR(スタンダードORハイブリッド)コースを受講している。
3)WMTCのWFA(スタンダードORハイブリッド)コースを、インターンシッップとして指導補助をしたことがある。
4)Wilderness Education Association:WEAのアウトドアエデュケーター以上の資格を保有している。もしくはそれと同等の資質を有する(豊富な野外経験、ハイレベルな野外生活技術、野外リーダーシップ、野外リスクマネジメント、教授法)。

9.振 込:常陽銀行大穂支店(普)1452446 カ)バックカントリークラスルーム

10.〆 切:2019年12月25日(水)18:00まで
申込先:info@backcountryclassroom.jpもしくはインターネットより

11.コース概要
生徒が、以下の単元を分担し、ティーチングを行います。
レクチャーセッション(6日間):外傷、環境、疾病のホワイトボードレクチャー及びデジタルレクチャー、ケーススタディ
プラクティカルセッション(6日間):BLS、SOAP、全身所見、バイタルチェック、脊椎評価、SAMスプリント、外傷シミュレーション、フルシミュレーション、疾病シミュレーション

12.持ち物
野外活動に適した服装一式(特に防寒対策は念入りにお願いします)、破ってもよいTシャツ1着(綿可)、長ズボンの下にはく水着もしくはスパッツ、レインコート、運動靴、水筒、タオル、筆記用具、PC、デジタルハンドブック等

13.留意点
保険に関しまして、全員東京海上日動の国内旅行保険に加入します。死亡後遺症400万円、入院600円×日数、通院400円×日数、賠償責任3000万円、捜索150万円、携行品0円です。補償内容が不足する場合、各自の責任で追加して保険に加入してください。

当日お気をつけてご参集ください。新たな日本の野外をリードしていきましょう。

ハイブリッドWFA&更新能古島コース

スクリーンショット 2019-07-11 13.16.45
1.日 時:2019年10月5日(土)-6日(日)9:00〜17:30
往路:8:15姪浜発のフェリーで、能古島渡船場にお迎えに上がります。
復路:18:00能古島渡船場発のフェリーに、お送りします。
フェリー・バス時刻表
※車で直接会場に来ることも可能です(要フェリー代)
2.場 所:のこのしまキャンプ村
3.参加者:最大18名/最少催行6名
4.講 師:WMTCインストラクター
5.資 格:WFA/WFA 更新/WFR更新
6.参加費:ハイブリッドWFA:30,000円/WEAJ会員25,000円
他のプロバイダーからのWFA/WFRの更新:30,000円/WEAJ会員25,000円
WMTCのWFA/WFRの更新:25,000円/WEAJ会員20,000円
※公認料、保険料、教材費、宿泊費、食費(昼食を除く)、指導料を含む
※各自簡単に食べられる昼食2食分を準備してください。
※実地コースに参加できない場合にも参加費は発生しますのでご了解ください。
※別途野外救急法デジタルハンドブック($25)の購入が必要です。受講にはデジタルハンドブックを保存したスマートホン、もしくはタブレットの持参が必要です。
7.振 込:常陽銀行 大穂支店(普)1452446 カ)バックカントリークラスルーム
8.〆 切:2019年9月22日(日)
9.申込先:インターネット
10.内 容:コースシラバス
※SOAPノート、脊椎評価、溺れ評価が新しく変わりました。
11:持ち物:野外活動に適した服装一式、破ってもよいTシャツ1着(綿可)、長ズボンの下にはく水着もしくはスパッツ、レインコート、運動靴、水筒、タオル、筆記用具
※1日目に、ケーススタディの宿題を持参してください。
12:留意点:保険に関しまして、全員東京海上日動の国内旅行保険に加入します。死亡後遺症400万円、入院6,000円×日数、通院4,000円×日数、賠償責任3,000万円、捜索150万円、携行品0円です。補償内容が不足する場合、各自の責任で追加して保険に加入してください。

ハイブリッドWFA赤城コース

スクリーンショット 2018-12-16 16.36.33
1.日 時:2019年3月2日(土)-3日(日)9:00〜18:00
2.場 所:国立赤城青少年交流の家
3.参加者:最大18名/最少催行6名
4.講 師:WMTCインストラクター
5.資 格:WFA/WFA更新/WFR更新
6.参加費:28,000円/WEAJ会員25,000円(公認料、保険料、教材費、宿泊費、食費(4食)、指導料等)
※通学の場合、3,000円割り引きますが、課題も多いためできる限り宿泊をお勧めします。
※別途野外救急法デジタルハンドブック($25)の購入が必要です。受講にはデジタルハンドブックを保存したスマートホン、もしくはタブレットの持参が必要です。
7.振 込:常陽銀行 大穂支店(普)1452446 カ)バックカントリークラスルーム
8.〆 切:2019年2月8日(金)
9.申込先:インターネット
10.内 容:コースシラバス
※SOAPノート、脊椎評価、溺れ評価が新しく変わりました。
11:持ち物:野外活動に適した服装一式、破ってもよいTシャツ1着(綿可)、長ズボンの下にはく水着もしくはスパッツ、レインコート、運動靴、水筒、タオル、筆記用具
※1日目に、ケーススタディの宿題を持参してください。
12:留意点:保険に関しまして、全員東京海上日動の国内旅行保険に加入します。死亡後遺症400万円、入院6,000円×日数、通院4,000円×日数、賠償責任3,000万円、捜索150万円、携行品0円です。補償内容が不足する場合、各自の責任で追加して保険に加入してください。

ハイブリッドWFA&更新つくばコース

スクリーンショット 2019-02-25 12.39.46
1.日 時:2019年3月23日(土)-24日(日)9:00〜18:00
2.場 所:筑波ふれあいの里
3.参加者:最大18名/最少催行6名
4.講 師:WMTCインストラクター
5.資 格:WFA/WFA更新/WFR更新
6.参加費:
ハイブリッドWFA:30,000円/WEAJ会員25,000円
他のプロバイダーからのWFA/WFRの更新:30,000円/WEAJ会員25,000円
WMTCのWFA/WFRの更新:25,000円/WEAJ会員20,000円
※含む公認料、保険料、教材費、宿泊費、指導料等
※通学の場合、4,000円割り引きますが、課題も多いためできる限り宿泊をお勧めします。
※参加費に食事は含まれていません。キッチン付きのキャビンに宿泊しますので、自炊を行なってください。
※実地コースに参加できない場合にも参加費は発生しますのでご了解ください。
※別途野外救急法デジタルハンドブック($25)の購入が必要です。受講にはデジタルハンドブックを保存したスマートホン、もしくはタブレットの持参が必要です。
7.振 込:常陽銀行 大穂支店(普)1452446 カ)バックカントリークラスルーム
8.〆 切:2019年2月28日(木)
9.申込先:インターネット
10.内 容:コースシラバス
※SOAPノート、脊椎評価、溺れ評価が新しく変わりました。
11:持ち物:野外活動に適した服装一式、破ってもよいTシャツ1着(綿可)、長ズボンの下にはく水着もしくはスパッツ、レインコート、運動靴、水筒、タオル、筆記用具
※1日目に、ケーススタディの宿題を持参してください。
12:留意点:保険に関しまして、全員東京海上日動の国内旅行保険に加入します。死亡後遺症400万円、入院6,000円×日数、通院4,000円×日数、賠償責任3,000万円、捜索150万円、携行品0円です。補償内容が不足する場合、各自の責任で追加して保険に加入してください。